どんなにいい基礎化粧品を使っても、なかなか改善されない乾燥肌にお悩みの方。
それは、化粧品が悪いわけではなく、あなたの肌が水分を保持する能力が衰えているからです。

そんな方にお勧めの保湿クリームが「クラウンセルクリーム」です。
クラウンセルクリームがあなたの長年の悩みを解決してくれるかもしれない、その理由をご説明いたします。

↓クラウンセルクリームの購入はこちら
驚異の持続と心地よさ【クラウンセルクリーム】

保湿のカギは“与える”ではなく“保持する”

あなたの肌は、「スキンケアをした直後は潤っているけれども、時間が経つとともに乾燥してくる」
といった状態になっていませんか?
それは、いくら高級化粧水で水分を与えても、肌から水分が逃げてしまっているからです。

肌から水分が逃げてしまう原因として、細胞間脂質の機能低下が考えられます。

肌の表面は、外側からの刺激を防いでくれる角質でできています。
その角質と角質の間で接着剤のような役割をしてくれているのが細胞間脂質。
例を挙げるとすれば、レンガでできた壁のレンガが角質で、固定しているセメントが細胞間脂質です。

細胞間脂質は、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れ、睡眠不足やストレスなど、
様々なことが原因となって、その働きが低下してしまいます。

細胞間脂質がびっしりとキープされた状態の肌は、紫外線や汚れなど、外部の刺激をバリアしてくれます。
しかし、細胞間脂質の機能が低下してしまったお肌は、外部からの刺激を受けやすくなってしまっているうえに、
角質と角質の間が空いてしまった状態となるため、そこから水分が蒸発して逃げてしまいます。

つまり、あなたのお肌にどれだけ高級な化粧水を入れこんだとしても、
細胞間脂質がしっかりとキープされていなければ、どんどん水分が蒸発して乾燥が進んでしまうのです。
ですから、まず肌を保湿するには、水分を与えることよりも、細胞間脂質をキープして“水分を保持する肌作り”が重要となってきます。

水分を保持するために“セラミド”で細胞間脂質をキープする

では、どのようにすれば細胞間脂質をキープすることができるのでしょうか。
それはとても単純です。細胞間脂質の機能が衰えているのであれば、それに近い成分で保湿をすればいいのです。
その成分が“セラミド”です。

セラミドは、細胞間脂質を構成している成分の内の半分以上を占め、その中で最も水分保持能力がたかい優秀な成分。
そして、セラミドの中でも最も肌への親和性が高いものがヒト型セラミドです。

つまり、このヒト型セラミドを肌に与えることで、細胞間脂質をキープし、より長い時間水分を肌に保持することができるのです。

新発想の細胞間脂質ケア“クラウンセルクリーム”

ここまでの内容で、細胞間脂質をいかにキープするかということと、
ヒト型セラミドを与えることが、いかに乾燥対策に重要であるかがわかりました。

そこでおすすめするのが“クラウンセルクリーム”です。

肌に水分を与えるというのが一般的なスキンケアですが、クラウンセルクリームはいかに水分を保持するかという点に着目。
ヒト型セラミドを配合し、細胞間脂質をキープすることで、肌の潤いが長時間持続する
まさに『新発想』のスキンケアアイテムなのです。

更にうれしいのが、スキンケアはこのクラウンセルクリーム一つで完了。
今まで化粧水、美容液、乳液といくつもの工程を重ねてきたスキンケアが、これ一つで済むのです。

クラウンセルクリームで乾燥しづらい肌作りを

今まで様々な化粧品を試しても、乾燥を繰り返していたあなたに非常におすすめです。
また、忙しい方や、高級スキンケア商品を使い続けていた方にも、時短と節約につながるため、是非使ってみていただきたいです。

今ならネットからのご購入で、初回75%OFF、送料無料、さらに返金保証30日間が付いてきます。
これを機に、与えるスキンケアから保持するスキンケアに切り替え、長時間うるおいが持続する肌を作ってください。