朝起きると顔がむくんでパンパン。そんな経験はありませんか?
お酒を飲んだ次の日、女性は生理周期などでむくみやすくなってしまうこともありますよね。
鏡を見ていつもよりなんだか顔が丸い気がする…それだけで気分も落ち込んでしまいます。
今回はそんな顔のむくみの原因、対策方法をご紹介します。




どうして顔がむくむの?

むくみとは、体の循環が悪くなる(リンパの流れが悪くなる)ことで、皮膚の下の組織に老廃物や水分がたまってしまうことによっておきます。
水分は重力の力で高いところから低いところに流れるのですが、寝ている間は体が横になっていますよね。
だから、朝起きたときは顔がむくんでしまうのです。
でも、むくまない人もいますよね。むくんでしまう人にはもしかしたら下記に示すことが原因となっているかもしれません。

①運動不足
新陳代謝が低下し、血液やリンパの流れが悪くなります。それによって老廃物がたまりやすくなります。
②アルコールの摂取
アルコールを摂取すると頻繁にトイレに行きたくなりませんか?アルコールには利尿作用があります。
利尿作用があれば水が出ていくと思われますが、過度に水分が出ていくと、今度は体に水分をため込もうとするのです。
それによってむくみがおこります。
③塩分の取りすぎ
塩分の取りすぎによってむくむこともあります。摂取した塩分は体内でナトリウムになって運ばれますが、
ナトリウムを運ぶカリウムが不足していると、代わりに水分を取り込んで塩分の濃度を薄めようとするのです。
これによって体内の水分が増えすぎ、毛細血管から水分が染み出して「むくみ」となります。
④栄養不足
ビタミンやミネラルが不足するとむくみの原因となります。とくにカリウムが不足していると、むくみやすくなります。

顔のむくみの改善方法

では、顔のむくみはどのような方法で改善すればよいのでしょうか。
毎日運動をし、アルコールの摂取も控え、栄養バランスのとれた食事を…といってもなかなか難しいですよね。
仕事でお忙しい方は運動をする時間の確保も難しければ、外食が増え、付き合いでお酒を飲まなければならない場面もあると思います。
そこで今回は、誰でも簡単にできるむくみ対策をご紹介します。

【お茶でむくみ対策】
・黒豆茶
利尿作用が高く、イソフラボンやアントシアニンで美容効果も抜群!生理不順や肌荒れ対策にも効果があります。
・ルイボスティー
豊富なミネラルが身体の血の巡りなどをよくしてくれることで、体の余分な水分を排出する手助けをしてくれます。

【食べ物でむくみ対策】
・バナナ
バナナには400mgのカリウムが含まれ、むくみに効果があります!ちょっとむくんでるかもという日の朝ご飯に是非。
・アボカド
美容効果が高く、女性にも人気のアボカドは、バナナ同様カリウムが豊富!血液やリンパの流れをよくするビタミンEも含まれており、こちらもむくみに効果あり☆
・アーモンド
ビタミンEが豊富で、アボカド同様血流やリンパの流れを促進してくれる働きがあります。
小腹が空いたらチョコレート!だったのをアーモンドに変えてみてはいかがでしょうか。

【ツボ押しでむくみ対策】
首の後ろにある太い二本の筋の、髪の生え際にあります。すこしくぼんでいるのがわかるでしょうか?
そこに親指を当て、残りの四本の指で頭を支えます。
ゆっくり頭を後ろに倒し、気持ちいと思うところで数秒押したらゆっくり戻します。
自律神経などにも効果があるみたいなのでぜひ試してみてください。

スッキリフェイスでいきいきした毎日を!

いかがでしたでしょうか?むくみは放っておくと顔のたるみの原因となり、フケ顔になってしまいます。
なによりも、その日一日の気分がどんよりしてしまいますよね。
今ではサプリメントや漢方など、むくみに効果があるものがあるのでそちらも取り入れるとよいでしょう^^
むくみをすっきりさせて、笑顔でイキイキした毎日にしてください♪