今、ネットや口コミで好評なシャンプー「さくらの森 ハーブガーデン」

その人気の秘訣は成分にあります!今回はそのハーブガーデンの成分について、実際に何がいいのか?ほかのシャンプーとの違いについてご紹介します。



天然由来成分100%!ノンシリコンシャンプー

ハーブガーデンの特徴は何といっても【天然由来成分100%】ということ。
CMでもおなじみのドラッグストアなどで買えるシャンプーには化学成分が含まれています。

化学成分が含まれていちゃだめなの?と疑問に思う方もいるかもしれません。
「絶対にダメ!!」とは言いません。実際に使っている人が多いのも事実なので。

しかし、化学成分の中で特に髪や頭皮に強い刺激を与えてしまう成分があります。それは「石油性界面活性剤」
界面活性剤とは、洗浄力を良くしたり、泡立ちをよくしてくれる作用があります。

注目してほしいのは「石油」ということ。
この石油性界面活性剤は、頭皮などに付着すると落としづらく、蓄積してしまう可能性があるのです。
界面活性剤はたんぱく質を溶かします。つまり、皮膚の表面の角質を溶かします。

それがきっちりと洗い流されずに頭皮に残ってしまうと…考えるだけでも恐ろしいですね。
フケや乾燥が気になっている方は、もしかするとその石油性界面活性剤の仕業かもしれません。

しかし、界面活性剤が全く入っていないと泡立ちが悪くなって洗浄力も落ちてしまいます。
界面活性剤といっても様々な種類があります。

ハーブガーデンに使用されているのは「植物性界面活性剤」
化学的に作られたものではなく、自然由来のもので、石油系のものに比べると蓄積しずらいのが特徴です。

そしてもう一つの特徴【ノンシリコン】
これは最近ではよく耳にするようになりましたね。

シリコンとは髪の表面に付着してキューティクルをコーティングし、髪の手触りをよくするというもの。
このシリコンは完全人工物です。

たしかにシリコンが入っていたほうが髪もサラサラになるし、髪が修復されたような気になります。
しかし、あくまでシリコンはコーティングをするもの。髪の内部を修復してくれているわけではないのです。

また、このシリコンが入ったシャンプーで髪を洗い続けると、シリコンが毛穴につまり、髪が細くなったり頭皮環境を崩してしまう原因に。

ハーブガーデンは天然由来成分100%。人工物のシリコンは入っていない「ノンシリコンシャンプー」です。

ノンシリコンシャンプーで髪を洗うと髪がキシキシになってしまう。
そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ハーブガーデンは、ノンシリコンなのにもかかわらず、クチコミでも「サラサラになった!」と好評なのです。

それは、“厳選された植物エキスを贅沢に配合”しているからです。
保湿成分としてラフィノース、ユズセラミド、ヒアルロン酸が配合されています。

また、スカルプ作用のあるフルボ酸も配合。そのほかにも7種類の厳選した植物エキスの配合により
洗いあがりがスッキリサラサラになるのです。

ハーブガーデンを試してみたい!どこで買える?

ハーブガーデンはAmazonや楽天でご購入いただけますが、初めてご購入する方には公式サイトからのご購入をお勧めいたします。

公式サイトからですと、とってもお得な価格で購入することができます。
そしてさらに!15日間返金保証!これは初めてご購入される方にはうれしいですね^^

化粧品が人それぞれあうあわないがあるのと同じで、シャンプーにももちろん個人差はあると思います。
ですので一度公式サイトから購入し、お試しいただくことをお勧めします。

乾燥やフケ、髪のボリュームで悩んでいる方は是非!

口コミで人気の理由はその成分と使用感からありました。
とくに、乾燥やフケが良くなった!洗いあがりがスッキリしていて、髪にボリュームが出た!
などのクチコミもあります。

一度でその効果を実感できる方もたくさんいらっしゃるようなので、ぜひこれを機に一度試してみてください☆