女性に多い悩みの1つがX脚。

脚が不格好だから短いスカートはちょっと、結婚式にお呼ばれしたけど、パーティードレスを着るのに抵抗がある、などなど。

オシャレを楽しむうえでの悩みが盛りだくさん。

そんな悩みにさようなら、美しいまっすぐな脚にするには日々の意識が大切です。

X脚を直すのは特別な方法ではありません。

普段意識さえしていれば予防をすることは可能です。




方法① 自分に合った靴選び

X脚の人の多くは自分に合っていない靴を履いている人が多いそうです。

靴は脚に大きな影響をあたえます。

面倒くさがってネット通販で買ったり、試着をせずに買ったりするのはよくありません。

実際に履いてみて、以下のポイントからフィットしているかどうかを確認してから購入しましょう。

 ポイント1:土踏まずがフィットしているか

 ポイント2:歩いてかかとやアキレス腱が圧迫されないか

 ポイント3:靴の幅と足の曲がる位置があっているか

 ポイント4:靴の側面にずれがないか

 ポイント5:つま先に少し余裕があるか、つま先が圧迫されすぎていないか

 ポイント6:くるぶしが履き口にあっているか

なるべくならかかとの高いハイヒールやパンプスではなく、中が柔らかいスニーカーを履くことをお勧めします。

かかとの高い靴はつまさきから平面に歩くことで足に負担をかけるからです。

方法② 踵から着地する

こちらはパンプスやハイヒールでは難しい歩き方ですので、ウォーキング、通勤時などのスニーカーやシューズの時に行ってください。

足をそらせて踵から着地することで、膝への負担が少なります。

つま先から歩くと膝に負担をかけやすくなり、自然と内股になりがちになってしまいます。

つま先は軽くV字にしてあることを意識し、まっすぐ歩くとよいでしょう。

方法③ イスに座るときに注意すること

まず、椅子には深く座りましょう。

浅く座ると骨盤が歪んでX脚の原因となります。

そして長時間同じ体制で座り続けないことです。

同じ体制で座り続けると骨盤が歪む原因となります。

長く座りすぎていると感じた時、可能であれば軽くストレッチをするとよいでしょう。

お手洗いに立った時にこっそりすると周りを気にしなくてよいかと思います。

また、脚は絶対に組まないでください。

骨盤をゆがめている多くの原因は脚を組むことが癖になってしまっていることです。

足を組むと組まれている方に体重が偏るので骨盤がずれてしまいます。

その分片方体重になることが多いのです。