妊娠初期には様々な体の変化が起こります。
つわりもこの妊娠初期にピークを迎えますが、それと共にバストやおなかに変化が現れます。
少しずつ赤ちゃんを産む準備が始まっているのですね。

その時に見落としがちなのが<ボディケア>です。
まだおなかが大きくなり切っていないうちにケアをしておかなければ、後悔するかもしれません。
今回は一日でも早くボディケアの重要性に気づいていただけるよう、妊娠線ケアについてお話します。



油断禁物!妊娠線ができる確率

私はまだ若いから妊娠線なんてできない。一度目の出産でできなかったから大丈夫。
そんな風に考えてる方、油断は禁物です!

妊娠線は、妊婦の50~60%の割合でできます。
つまり、二人に一人はできてしまうということ。

そしてさらに驚きなのが、二人目以降の妊娠である妊婦さんの妊娠線ができる確率は80%にまで及ぶのです。

これだけ高い確率で妊娠線ができるというのを聞いて、あなたは何もせずにいられますか?
出産後にシワシワのおなかになりたくないですよね。
妊娠線ができるのを防ぐためには、しっかりと妊娠初期からケアをしましょう。

妊娠線ができる仕組み

まるで皮膚が地割れしたように線が入ってしまうのが妊娠線です。
初めは赤紫色ですが、時間が経つと白色に変化していきます。

妊娠線ができる理由は、まずひとつめに、おなかやヒップ、バストが急激に大きくなると、皮膚の表面も急激に伸びます。
すると、その急激な皮膚の伸びについていけず、内側のコラーゲン繊維が断裂してしまい、妊娠線になります。

そしてもう一つはホルモンバランスの乱れ。
妊婦さんはだれしもホルモンバランスが崩れ、様々な体調の変化を引き起こします。
そのホルモンバランスの乱れが影響して、肌の弾力が失われていきます。

コラーゲンの生成が抑制され、ターンオーバーが乱れることで肌の生まれ変わりができにくくなります。
すると、肌そのものが弱っていしまい、妊娠線ができやすくなるのです。

しっかりケアをすればキレイな肌を保てる

しかし、その自然現象には必ずしも逆らえないというわけではなく、しっかりと早目にケアをしておけば、産後に妊娠線の跡が残りにくくなるのです。
もちろん体重コントロールも大切です。あまりにも太りすぎると余計に妊娠線ができます。それはお医者さんに口酸っぱく言われていますよね。

体重コントロールが上手くいかなかったとしても、もう一つ対策があります。
それが「肌の保湿ケア」です。
肌の調子が悪いなら、ケアをして整えてあげればいいのです。

ベルタマザークリームが大人気

そんな妊娠線への不安を抱いている方におすすめしたいのが、ベルタマザークリームです。
口コミでも大好評で、なんといっても出産を経験したママたちが開発に携わっているので、細かいところまでこだわり抜かれているということが、人気の秘訣です。

ベルタマザークリームにはスーパーヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタという最強の3大美容成分が配合。
その他にも肌を明るくしてくれるアミノ酸やビタミン5種が含まれ、シラノール誘導体でそれらを肌の奥まで届けます。

さらに、妊娠中の敏感な肌に嬉しいオーガニック原料5種類を使用し、すべて無添加の成分でできています。

ここまでこだわりぬいた成分が贅沢に配合されている妊娠線ケアはなかなかありません。
さらにうれしいのが、これ一つでケアが完了するということ。
おなかや太もも、バストだけでなく、ホルモンバランスの乱れで乾燥した肌全身に使っていただけます。

早めのケアで若々しいお母さんを目指しましょう

ベルタマザークリームはネットでとってもお得に購入できます。
何事も早めの対策に越したことはありません。
妊娠線のないキレイなママを目指し、生まれてきた子供と一緒に海やプールでたくさん思い出を作りましょう。