若いころはニキビなんてできなかったのに、大人になってからあごの周りにニキビが…

そんな大人になってからできる【大人ニキビ】に悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ニキビができると憂鬱ですよね。気になって触ってつぶしてしまい、跡になってしまうことも。

思春期の頃におでこなどにできるニキビと大人になってからフェイスラインにできるニキビでは、できる原因や、使用する化粧品なども大きく変わってきます。

そこで本記事では、大人ニキビの原因から、改善方法をご紹介したいと思います。




フェイスラインにニキビが!大人ニキビの原因

若いころにTゾーン(おでこ)にできたニキビ。それは過度の皮脂分泌によってアクネ菌が繁殖して炎症してしまうのが原因です。

一方、大人になって、肌は乾燥気味でもできてしまうのが大人ニキビ。

フェイスラインにできやすいのが特徴で、主にストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、内臓疾患などが原因でできてしまいます。

仕事が忙しくて寝不足気味、胃の調子が悪い、飲酒や喫煙が多いなど、思い当たるふしはありませんか?

女性の方であれば、生理前になればニキビができたり、生理不順が続いていたりしませんか?

それらの習慣や行動が、ニキビの原因となっている可能性があります。

また、10代のころに比べ、肌の新陳代謝が悪くなり、角質層が分厚くなって毛穴をふさいでしまうのも大人ニキビの原因です。

大人ニキビで思春期ニキビに比べてさらに厄介なのが「ニキビ跡」

触れてニキビに傷をつけてしまい、残ったニキビ跡がなかなか消えない…なんて経験はありませんか?

それは先ほども述べた通り、肌の新陳代謝がくずれてしまっているからです。

繰り返すニキビを治したい。改善方法はある?

もちろん、美容皮膚科に行ってお金をかければ肌はきれいになります。

しかし、誰でもそんな簡単に通えるような金額ではないですよね。

そこで今回は、明日から実践していただける方法をご紹介します。

①アロマをたく

ニキビにアロマ?と不思議に思う方もいるかもしれません。

ニキビを治すにはしっかりと睡眠をとることが重要。しかし、忙しし方には睡眠時間の確保が難しかったりします。

そんな方に、アロマをお勧めします。アロマにはリラックス効果があります。

寝る前にアロマをたいておくと、リラックスすることができ、良質な睡眠をとることができます。

睡眠の質を上げることで、同じ時間の睡眠時間でも、体がスッキリするのを実感していただけると思います。

②ビタミンを摂取する

これは、サプリメントを飲むのもいいでしょう。しかし、普段の食生活から意識していくことが一番です!

・ビタミンA
肌の新陳代謝の正常化を助けてくれます!主にレバー、うなぎ、モロヘイヤ、ほうれん草に多く含まれます。

・ビタミンB群
肌の資質の代謝を活発にし、皮脂の分泌をコントロールしてくれる栄養素。
また、Aと同様肌の新陳代謝を活発にしてくれる、ニキビ治療にはとても重要な栄養素です。
主に豚肉、鶏むね肉、大豆製品、うなぎなどに多く含まれます。

・ビタミンC
美白に効果があるイメージのビタミンCですが、ニキビにも効果的です。
ニキビの原因となる活性酸素の働きを抑えてくれたり、コラーゲンの生成を促してくれます。
ニキビ跡にも効果的です。
主に、レモン、アセロラ、ピーマン、ゴーヤに多く含まれます。

③ニキビに適した化粧品を使う

これは、女性の方は特に気を使っているかもしれませんが、ニキビがひどい時期などは、油分を控えたファンデーションなどを使うようにしましょう。

ノンコメドと書かれた化粧品はニキビの方にはおすすめです。

④適度に運動する

これは、仕事でお疲れの方に激しい運動をしろと言っているわけではありません!

寝る前にストレッチをしてみたり、休みの日に少しウォーキングをしてみたり。

もしお金をかけれるのであれば、ホットヨガなんかもおすすめです!

軽い運動は新陳代謝を高めてくれるとともに、ストレス発散にもなりますし、言うまでもなくニキビのほかにも体と心の健康にもつながりますので、ぜひ少し意識してみていただきたいです。

キレイな肌で前向きになれる毎日!

いかがでしたでしょうか?

上記で述べた改善方法は、④に関しては少しプラスαの要素が入っていますが、基本的にはいつもの生活を少し変えるだけです!

ニキビは絶対に治らない不治の病ではなく、改善することは可能です。

一日二日で効果があるものではないので、途中でできたニキビにストレスを抱えてしまうかもしれません。

しかし、しっかりとしたケアを行っていれば大丈夫!きっとよくなります!

キレイな肌になったら今以上に前向きになれることでしょう。コツコツと実践してみてください^^