この寒い時期に悩まされるのが浮腫み。

朝起きると足が浮腫んで太く見えるからスカートがはけない、飲み会後にブーツを履いたら入らない、顔が腫れぼったい、靴下の跡がつく、などなど。浮腫みには悩まされてばかり。

着圧ソックスや着圧タイツは確かに効きますけど、一足が高いから毎日着る分を何着も用意できないですよね。

そこで今回は浮腫みを防止するための栄養素と食べ物をご紹介します。




浮腫み(むくみ)とは?

そもそも浮腫みとは、水分がたまった状態のことを言います。

足のむくみの原因は、立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢をとり続けていた場合、全身の血行が悪くなり、さらに重力の影響で身体に不要な水分が下半身にたまってしまうからです1)。

きつい下着を着けてもその部分の血行が妨げられ、身体の血流がスムーズにいかずに足がむくみやすくなります1)。

顔のむくみの原因は、顔の皮膚の下の組織に水分がたまったことがむくみの原因です1)。水分は高いところから低いところへ流れるので、朝起きた時が一番むくみが見られます1)。

また、前日にビールやワイン、日本酒などのアルコールをたくさん飲み過ぎると血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張して静脈やリンパによる水分の処理がうまくいかなくなるのでむくみやすくなります1)。

それでは浮腫み防止の栄養素を紹介していきます。

<参考文献>
1) www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201105/mukumi.html

①カリウム

 カリウムの紹介の前にナトリウムのお話をしたいと思います。ナトリウムは普段私達が食べている食塩の構成物質です。

このナトリウムは水を引き付ける働きがあります。ですので、しょっぱい食べ物によってナトリウムを体内にたくさん入れてしまうと、水を引き付け、体内にためてしまうので浮腫みが起こります。

このナトリウムを体外にだいしてくれるのがカリウムです。カリウムは、ナトリウムをおしっこと一緒に体外に排泄することを促してくれます。

カリウムによって過剰なナトリウムが排泄されれば、浮腫みを防止することができます。また、しょっぱいものを食べすぎないことも大切です。

 ◇カリウムを多く含む食べ物◇
  さといも、さつまいも、じゃがいも、海藻類、バナナ
  どの野菜にも多く含まれる(特にほうれん草、小松菜、ニラ、人参) 等

②ビタミンE

 ビタミンEにはα、β、γ、δの4種類があります。この中でも、γ-トコフェロールと呼ばれるものがナトリウムの排出に役立つと言われています。

そのため、ビタミンEは浮腫み防止に効果的だと考えられています。このビタミンEはビタミンA、Cと一緒に摂取することで吸収力を高めることができるので、食べ合わせに気をつかってみるのもいいかもしれません!

 ◇ビタミンEを多く含む食べ物◇
  緑茶、アーモンド、大豆製品、すじこ、落花生、たら、あゆ、かぼちゃ(皮が緑色のもの) 等
 ◇ビタミンAを多く含む食べ物◇
  のり、レバー、たら、人参、モロヘイヤ、わかめ、ほたるいか、ほうれん草、卵黄、かぼちゃ 等
 ◇ビタミンCを多く含む食べ物◇
  アセロラ(100%ジュースでも可)、赤パプリカ、ゆず、黄パプリカ、みかん、いちご、柿、キャベツ 等