ホットヨガ ラバは体験をしないと入会をすることが出来ません。そのため、体験は必須になっています。では、そんなホットヨガ ラバの体験ってどのようなことをするのでしょうか?また、体験に行く時にはどんな服装で行ったらよいのでしょうか?早速見てみましょう。



【ホットヨガ ラバの体験の流れ】

まずは、体験ってどのような流れになっているのかご紹介いたします。

1.30分前に会場入り
すでに会員になっている人の場合は5分前でも大丈夫ですが、体験の人は少しインストラクターの方から質問があるので30分前に集合します。ここでは、「どうしてレッスンを受けようと思ったのか?」などといった簡単な質問を優しくされます。

2.いざヨガ体験!
体験では、インストラクターの方が、呼吸法などを細かく説明しながらゆっくりと行います。これは、初心者の方向けで、上級者になると段々と説明が短くなります。
また、私語は厳禁です。友達同士で来ても話しているとスタッフの方から注意を受けます。

3.シャワーで汗を流す
ヨガで流した汗をきれいに落とすことが目的なので、シャワーのみで、シャンプーはあまりよくありません。

4.入会の勧誘
レッスンが終わると、入会しないかとのお誘いがあります。体験した直後に入会しておけば入会金が無料なので多くの方が入会するのですが、入会する気がない人はしっかりと断りましょう。

以上が、ホットヨガ ラバの体験の流れです。

【体験時の服装】

では、ホットヨガ ラバの体験を受ける際にはどんな服装をすれば良いのかご説明します。まず、ホットヨガ ラバでは、長袖はおすすめしていません。これはどうしてかというと、レッスン中に体温上昇が高くなることで起こる体調不良を防ぐためです。また、レッスンでは汗を大量にかきますので、その汗が体に付着することの不快さを防ぐためという理由があります。
ただ、おすすめしていないだけで、禁止はしていませんので、どうしても長袖ではないと出来ないという人は長袖でもOKです。

実際にホットヨガ ラバでレッスンをしている人の服装は、ヨガの写真でよくあるようなTシャツにジャージか、ブラカップ付きのタンクトップにジャージという恰好です。つまり、普段着で十分OKだということですね。

以上が、体験時の服装になります。

【ホットヨガ ラバの体験に関するまとめ】

ホットヨガ ラバの体験では、集合時間が30分前となっていました。また、レッスン体験では初心者でも出来るようにゆっくりと説明を入れながら分かりやすくやってもらえることが分かりました。レッスン中の注意事項としては、私語が厳禁だということでした。

また、服装については普段着のようなTシャツにジャージかタンクトップにジャージという恰好が多いので、このような服装をおすすめします。