ノンシリコンシャンプーを
選んで使用している方は、

シリコン=悪いモノという
イメージがあるのではないでしょうか?

でも市販のシャンプーには
シリコンが入っているものが多いです。

シリコンが悪いモノであるならば、
全てのシャンプーから除外されても
おかしくありません。

にもかかわらず、
市販のシャンプーには
依然とシリコンは入り続けています。

そもそもシリコンはどのような役目で
なぜ「悪い」というイメージが付いて
しまったのでしょうか?

シリコンの特徴をお伝えした上で、
ノンシリコンシャンプーの
メリットとデメリットを説明しますね♪

おすすめノンシリコンシャンプーはこれ!
↓↓↓


そもそもなぜシャンプーにシリコンが入っているの?

皆さんはなぜシャンプーを使っていますか?

頭皮の汚れを取るため、
という意見も聞きますが、
頭皮の汚れだけ取りたいのであれば、
極端な話石鹸でもいいですよね?

もちろん他にも
好きな香りにしたいなどの
理由もあるかもしれません。

しかし、あまり皆さん意識していないかも
しれませんが、シャンプーを使用する
一番の理由は、
「髪の指通りが良くなる」
からではありませんか?

そして、髪の指通りを良くするのが、
シリコンなんです!

シリコンが髪の表面を
コーティングすることで、
さらっとした
髪の指通りになるんです。

シリコンが入っていないと
このさらっとした指通りには
簡単にはなりません。

だから市販のシャンプーには
シリコンが入っているんです。

最高のノンシリコンシャンプーが今なら半額!
↓↓↓


シリコン=悪いモノなの?

何をもって良いのか悪いのかは、
対象によります。

例えば、髪の指通りにとっては
シリコンは良いモノです。

また巷の噂として、
シリコンは毛穴までコーティングして
毛穴のつまらせてしまったり、
呼吸ができなくなるから良くない、
というものがありますが、

実際のところ、シリコンの特性上
肌には吸着しにくく、
髪の毛のみ吸着するので、
毛穴がつまることはありません。

また仮に毛穴に詰まったとしても、
髪の毛は1日に0.3mmくらい伸びるので、
その伸びるタイミングで
毛穴につまった老廃物も
一緒に書き出されるので
詰まる事はありません。

となるとシリコン自体は
悪いモノではないかもしれませんね。

ではなぜノンシリコンシャンプーが
登場したのでしょうか?

(下に続きます)



ノンシリコンシャンプーの登場の経緯

石鹸で頭を洗ってみると、
凄く汚れが落ちますが、
髪のきしみ(パサパサする状態)も
凄くなりますよね?

これは石鹸の洗浄成分が強すぎて、
本来髪が持っているキューティクルまで
剥がれ落ちてしまうからです。

市販のシャンプーの中には
コストを下げるために
安価な洗浄成分を
使用しているものもあります。

こういうものは
洗浄力が強すぎて
石鹸と同じような状態になります。

そこで、シリコンを使用して、
髪の指通りを良くしているのです。

要はシリコン自体が悪いのではなく、
シリコンを多く使用している
=洗浄力が強すぎる
ということを示しており、

シリコン入りシャンプーは
良くない、というイメージに
なってしまったと思います。

そこで登場したのが
ノンシリコンシャンプー!

シリコンが入っていない、
洗浄力が適切で髪に良いですよ、
ということをアピールしたのです。



ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、
シリコンが入っていないため、
使った直後は髪がきしみます。

このきしみを経験すると、
私にはノンシリコンシャンプーは
合わないんだ、と思うかもしれませんが、
みんなそうなので安心を。

ずっと使っていくことで、
髪本来のキューティクルが復活するので、
自然にきしみも無くなっていきます。

とはいえ、いきなりきしむのは
敬遠する人が多く、
最近では少量のシリコンが配合された、
きしみを抑えたノンシリコン?シャンプーも
販売されています。

ノンシリコンシャンプーのメリットは
はやり髪本来のキューティクルを
復活させ、髪本来の力を復活させることです。

髪本来の自浄作用が機能するようになると、
少しの髪のダメージなどは
簡単に補修されるようになります。

とはいえ、万人にノンシリコンシャンプーが
マッチするとは限りません。

人によってはシリコン入りシャンプーの方が
良い場合もあるので、
各自で試してみて
自分に合ったシャンプーを見つけて頂きたいです。

今なら15日間返金保証実施中!
↓↓↓