メイクをしているとき、保湿をしているとき、ふと目が行ってしまう黒いブツブツができた鼻...。

昼間はコンシーラーやファンデーションで隠せても夜は隠せません。

ナイトタイムの前に気分が急降下、なんてことありませんか?

大切な人の前では素肌でも綺麗でいたいものです。




原因


いちご鼻の原因、きっと皆さん想像つくでしょう。

そしておそらく正解です。

ぶつぶつのいちご鼻の原因は
 ①角栓のつまり
 ②角栓の酸化
 ③メイクの洗い残し
 ④毛穴の開き
の4つです。

ほかにも様々な原因が考えられますが、主にはこの4つが繰り返すことでいちご鼻は形成されます。

さらに年齢を重ねるごとにお肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質が肌に残りやすくなっていきます。

方法① 洗顔にひと工夫


まずは洗顔ですね。

お化粧を綺麗に落としたら、蒸しタオルで毛穴を開きましょう。

暫く蒸しタオルを顔に当てて温まってきたら洗顔開始です。

モコモコに泡立てた洗顔料で優しく顔全体を洗っていきましょう。

くるくると円を描くように泡で顔を包みます。

ぬるま湯で洗い残しがないように泡を落として毛穴をふさぎます。

洗顔が終わったらすぐに化粧水で保湿、乳液で水分が飛ばないように蓋をしましょう。

しっかり化粧を落とし、丁寧に洗顔をするには必ずと言っていいほど時間がかかりますよね。

お肌に負担がかかるとクレンジングオイルや洗顔料を即刻洗い流してはいませんか?

それでは意味がありません。

お肌に負担がかかってしまうのは確かなので、お肌に優しい洗顔料をお勧めします。

添加物が少なく、美容成分がたっぷりと入ったクレンジング、洗顔量をオススメします。

このとき気になる角栓があるからといって無理やり毛抜きで抜いたり、爪で押し出したりするのはよくありません。

むりやり毛を抜くと毛穴がぱっくりとひらいてそこから雑菌が入り込み、痛いニキビの原因になりかねません。

また、爪で押し出すとその周りが黒ずんでかえって目立ってしまいます。

方法② 触りすぎない気にしない


気になって不用意にいじってしまうと、手に付いた菌が毛穴から入り込んでしまいます。

また、気にして昼間はマスクをしている方、要注意です。

化粧の上からマスクをしますよね。

マスクをするとマスクをした部分が蒸れて毛穴が開きます。

開いた部分から化粧品が入り込んで黒ずみの原因となっていきます。

気になるでしょうけどこれを続ければ綺麗な素肌が手に入る、と思って触ることを我慢してみましょう。