お肌をきれいにするために努力していること、皆さんたくさんありますよね。

良い洗顔料、無添加の化粧品などなど。しかしお肌は食べ物から構成されます。

せっかく良いものを使っていても食事のバランスが悪ければ意味がありません。

ポテトチップスみたいなスナック菓子や、ハンバーガーのようなジャンクフードばかり食べてはいませんか?

バランスの良い食事で健康的な肌を手に入れましょう!




お肌に必要不可欠な栄養素は以下のものです。

・たんぱく質

お肌の主な構成成分です。良質なたんぱく質を摂ることは美肌への近道です。

肉類、魚類、大豆製品、乳製品、卵類かとることができます。

ダイエット中の方は魚、鶏むね肉、ささみ、大豆製品からとると脂質も制限できて良いですよ。

先にも述べた通り、お肌をつくる大事な栄養素なのでダイエット中に不足することはないようにしてください。

・ビタミンB群

ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンB6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチンの8種類を総称してビタミンB群と呼びます。

ビタミンB群は肌の再生や代謝にかかわります。野菜や豚肉にはいよく含まれています。

ビタミンB群は水溶性のビタミンですので、野菜たっぷりのスープを寝る前に食べるとよいですよ。

逆に茹でることでせっかくのビタミンが水の中にすべて出てしまい、あまり摂取することができなくなるので注意してください。

・ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC

この3つのビタミンは、肌を老化させる活性酸素を除去してくれます。ビタミンA、ビタミンEは水に溶けにくいので、煮物に最適です。

ビタミンAはうなぎ、レバー、乳製品、卵、かぼちゃ、ほうれん草、人参、みかんなどに含まれます。ビタミンEは植物脂、種実類、豆類、穀類、卵黄、バターに含まれます。

特に大豆には良質のビタミンEが含まれています。また、ビタミンCは熱に弱いので野菜にも多く含まれますが、調理過程で多くを破壊されてしまいます。

ですので、みかんやいちご、グレープフルーツなど生で食べることのできるフルーツからとることをおすすめします。フルーツは美容を意識している感じがして気分があがりますよね♪

逆に摂取を控えたほうがいいものとして、冷たいものやカフェインを含むものが挙げられます。

冷たいものは内臓が冷えて血行が悪くなり、肌に栄養がいきわたらなくなります。

カフェインを含むものは血管を収縮させて血行を悪くするため、肌の代謝が悪くなります。